RawFood Healthy Diet

代謝酵素を活性化させるローフードダイエット



ローフードダイエット


代謝酵素をコントロールして理想のボディを目指す

人間の体内には重要な酵素である消化酵素と代謝酵素がありますが、肉類や乳製品など、熱を加えた食品を多く摂取するとアミラーゼなどの消化酵素を多量に使います。一方、代謝酵素は呼吸をはじめ、毒素の排泄やホルモン分泌などの生命活動に必要な酵素です。消化酵素を多量に使用する食生活では代謝酵素に使える分が少なくなり、代謝の低下から身体の不調が起こりやすくなります。

ローフードを生活の一部に取り入れ、生の野菜や果物を多く摂取しますと、体内の消化酵素はあまり必要としません。その理由は、生の野菜や果物には自己の持つ食物酵素がありそれを利用して消化するからです。食物酵素は熱に弱く、通常の加熱処理をした食事では死んでしまいますが、生で野菜を食べることにより、効果的に食物酵素を摂取することができます。その結果、体内では消化による身体への負荷が少なくなり、消化器系の内臓器官を温存させることで、代謝酵素が十分に働ける環境をつくります。さらに新陳代謝が向上し、便秘の改善やデトックス効果が高まるなどの変化が起き、効果的なローフードダイエットや体調改善につながるのです。

当校ではローフードを取り入れた食事療法を核としたダイエットプログラムのご提案もしております。個々の生活環境や体調を考慮し、皆様に最適なプログラムをご提供させて頂きます。


Meister's Comments


  • - ローフード(生)を食べると身体が冷えてしまうに感じるのですが?
    |
    回答:高橋 静

    陰陽の考え方からすると、生の野菜や果物は身体を冷やすと言われています。しかし酵素栄養学をベースにしたローフードでは、生の野菜や果物をとることで代謝酵素を活性化させりことにより、血液循環が改善されて冷えが改善する人が多いです。低体温症の方の平熱が上がった症例もあります。

  • - 海外ではローフードダイエットが盛んだと聞きましたが本当ですか?
    |
    回答:高橋 静

    日本では新しい食事法として紹介されることが多く、一般的にはまだまだ認知度が低いのが現実ですが、海外では著名人やセレブリティが積極的にメディアを利用してローフードの情報を発信したことにより、現在では一般にも広く普及しています。